10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトコト書評 12/26



『恥知らずのパープルヘイズ』JOJO5部、ディアボロを倒してジョルノが組織のトップに立った後のフーゴの話。裏切り者として複雑なフーゴの内面と熾烈なスタンドバトルを、原作の雰囲気を壊さず書き上げてるのは上遠野の熱いジョジョ魂を感じさせてくれた


『OVER HEAVEN』ある意味フーゴ以上に語られることのなかったDIOの心中に迫る作品。第六部のDIOのノートという形なのでスタンドバトルのようなJOJOらしさは大きく失われている。新しい試みは無いが、それでもあれほど子細にDIO胸中を語るのは凄まじい


『犬とハサミは使いよう』よくあるドタバタコメディ、残念系主人公犬と残念系作家ヒロインの掛け合い中心。構成やテーマは普通だけど、型破りな文章と展開が妙に癖になる。同じ路線の入間や西尾のような先達と比べるとまだまだ感があるけど、これからの成長に期待ということで


『煉獄姫』中世ヨーロッパ風の重厚な世界観に錬金術・魔術的要素を組み込んだ厨二ハイファンタジィ。国同士、キャラクター同士の微妙な関係を緻密に作り上げていてなかなか読み応えがあって面白い。ここのところファンタジィラノベは沈みがちだったけど、これは期待できる作品


『東京レイヴンズ』陰☆陽☆師!!友情あり、恋愛あり、そして緊張感のあるバトルシーンもあり。良くも悪くも安定した文章と展開、テンプレだありきたりだ言われるかもしれないけど、ちゃんと面白く読めるレベルに仕上げてある。奇を衒った作品よりこういう王道の方が好きなんですけどね


『サクラダリセット』超能力、そしてセカイ系、だがバトルは無い。ひとつひとつパズルのピースをはめていくような展開がとにかくすごい。巻ごとに風呂敷を広げつつ、予想外の能力の使い方を見せてくれる。7巻完結で既に6巻まで出てるが、どう終わらせるのか、今最も気になる作品

スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。