10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロートケプシェン、こっちへおいで 相沢沙呼


ロートケプシェン、こっちにおいでロートケプシェン、こっちにおいで
(2011/11/19)
相沢 沙呼

商品詳細を見る


マジシャン酉乃シリーズ(でいいのかな?)の第二作で相沢沙呼さん(名前は叙述トリック!)二作目の単行本、ロートケプシェン、こっちへおいで。
いちおう日常の謎だけど、これは紛れも無く青春小説です。ミステリ成分はおまけ。

前作に引き続きやたらと女の子の太ももが気になる変態ポチこと須川君と寡黙なマジシャン少女酉乃さんの進みそうで進まないやきもきさせる恋愛を中心に(なんでお前ら満塁でド直球の狙い球が来てんのに見送るんだよ!)、並行でいまやよくある風景となったイジメに焦点を当てて進んでいきます。

砂糖菓子や文学少女と同じで、児童文学と少女小説の間みたいな文章。ミステリやトリックに焦点があたるのはほんの一部で、基本的には思春期の少年少女の一人悩みが延々と続いて行きます。
理解とはなんなのか。相手は自分のことをどう思ってるのか。もしかしたら嫌われてるんじゃないか。自分の行為は実は迷惑なんじゃないか。
人によってはウザいとまで感じさせるような内面を描く絶妙な筆致は健在。そういう意味ではラノベに近い物語で非常に読みやすい。

さんざミステリ成分はほとんどないとか言ってきますが、落とすとこはちゃんと落としてきます。連作短編(風?)なので著者の構成力の高さもよくわかると思います。
甘酸っぱい青春ミステリが読みたくなった人は前作と合わせてどうぞ。

午前零時のサンドリヨン午前零時のサンドリヨン
(2009/10/10)
相沢 沙呼

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ついったー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。